無量大数より大きい数?

目次

昨今、より大きい数を使う機会がそれなりに出てきている。
例えば、パソコンのHDD(ハードディスクドライブ)はいまやTB(テラバイト)が増えている。
TBのT(テラ)は、10の16乗、つまり1兆である。
その次はPB(ペタバイト)であり、ペタは10の20乗、1000兆である。

無量大数よりも大きい数を使う機会もそれなりに出てくるのではないか?
そんな時、日本語(正確には漢語なのだが)で表記できれば、
より便利になるだろう。

というわけで、今回無量大数よりも大きい数を作ってみる(?)ことにした。

無量大数よりも大きい数の表記方法

1.指数表記

非常に明快である。例えば、漢字表記で表せない最小の整数である10の72乗は、「10の72乗」と表記すればいい。また、これ以上どれだけ大きい数もこのまま表記すれば、どんな整数でも表記できる。

ただ、それではつまらない(?)のではなかろうか。

2.仏典の数詞を引用

仏典の数詞、つまり「洛叉」などをそのまま無量大数以上の数の名前として引用する方法だ。
但し、被る那由他、阿僧祇に関しては本来の数詞の数にする。
難点としては、本来の仏典の数詞と今後の歴史で混ざったりするか、というより定着するかどうかが大きいかもしれない(?)。
あとは子音一文字違いで4桁違ったりするのも問題点と言えば問題点か。

2.1.恒河沙以上を仏典の数詞に置き換える

とりわけ2文字以上になってそれほど使い道がないであろう(?)恒河沙以上を仏典の数詞に置き換えてしまえば、何の違和感も感じなくなるのではなかろうか(?)。

問題点は、現在の命数法では「阿僧祇<那由他」なのに対し、仏典の数詞では「阿僧祇>那由他」となるのが問題か。

新命数法(仮)と一覧

とりあえず10の100乗(1Googol)まで載せてみた。

新命数法(仮) 現在の命数法 10^n 参考(仏典の数詞) 参考(SI接頭辞) 備考
0   (なし)  
1   da(デカ)  
2   h(ヘクト)  
3   k(キロ)  
4 洛叉(らくしゃ)(10^5) M(メガ:10^6)  
倶胝(くてい)(10^7)
 8 G(ギガ:10^9)  
12 (あゆた)(10^14) T(テラ:10^12)  
P(ペタ:10^15)
16   E(エクサ:10^18)  
20   Z(ゼタ:10^21)  
𥝱(秭) 𥝱(秭) 24 Y(ヨタ:10^24)  
28 那由他(なゆた)(10^28)    
32      
36      
40      
44      
48      
洛叉 恒河沙 52      
倶胝 阿僧祇 56 頻波羅(びんばら)(10^56)    
阿庾多(あゆた) 那由他 60      
那由他 不可思議 64      
頻波羅(びんばら) 無量大数 68      
矜羯羅(こんがら)   72      
阿伽羅   76      
 最勝   80      
摩婆羅   84      
阿婆羅   88      
多婆羅   92      
界分   96      
 普摩   100     1Googol(グーゴル:10^100)
    104      
    108      
    112 矜羯羅(こんがら)(10^112)    
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           

脚注

  1. 禾(のぎ)へんに予、あるいは禾へんになんかくねくねしたもの字源ジョ字源シ
  2. まだれに臼のなかに人字源

ダイエーの面積トップに戻る
トップに戻る